ロゴ メイン

完成されたクオリティ

素材からこだわって作る

ハンドメイドマウスピース

奥津マウスピース製作のサックス・マウスピースは、ジャズサクソフォニストの求める音色と安定した吹奏感、その両方を実現するために作られたマウスピースです。

全モデル

S.sax\42,000-(税込)

A.sax\48,000-(税込)

T.sax\52,000-(税込)

Traditional(トラディショナル)

Soprano

  • まとまりの良い、端正なヴィンテージ・サウンド
  • 短いロールオーバー・バッフルとほぼストレートのサイドウォール
  • 細く絞られた、ソプラノに伝統的な丸型のチェンバー

オールド系マウスピースの弱点を克服!ビンテージなサウンドなのに素晴らしい音程!

Alto

  • 全モデルの中で、最もスタンダードな設計のジャズ・モデル
  • 緩やかなロールオーバー・バッフルと凹面サイドウォール
  • ミディアム・チェンバー、トラディショナルなジャズの演奏に向いています。

メイヤー系!奥津氏の技が冴え渡る!新世代スタンダード!

Tenor

  • 全モデルの中で、最もスタンダードな設計のジャズ・モデル
  • 緩やかなロールオーバー・バッフルと凹面サイドウォール
  • ラージ・チェンバー、トラディショナルなジャズの演奏に向いています。

ヴィンテージオットリンクを彷彿とさせるサウンド!テナーマウスピース基本の一本はこれで決まり!

Gallery


TraditionalU(トラディショナル2)

Alto

  • トラディショナル(T)モデルよりもバッフルが長く、また高めに設計されている
  • より明るめでパワフルな音色のジャズ・モデル
  • 凹面のサイドウォールとミディアムチェンバーで、音抜けの良い吹奏感
  • アコースティックなジャズのみならず、ポップス、ファンクなど様々なジャンルの音楽に対応できます

非常に汎用性の高い一本! プロも認める。かゆいところに手が届いた逸品

Tonor

  • トラディショナル(T)モデルよりもバッフルが長く、また高めに設計されている
  • より明るめでパワフルな音色のジャズ・モデル
  • ボアまで広がったラージ・チェンバーで、より太く力強い鳴りを実現
  • 汎用性が高く、ジャズだけでなくポップス、ファンクなど様々なジャンルの音楽に対応できます

ありそうでなかった感覚。是非吹いて確かめてみて下さい!

Gallery


High Buffle(ハイバッフル)

Alto

  • 全モデルの中で、最も明るく力強い音色のモデル
  • 長く高いステップ・バッフル。エッジのある音色
  • スロートの絞りの無いラージチェンバーから生まれる、太く豊かな鳴り

見た目通りのハデハデ系!だけど見た目に似合わずコントロールし易い!見事な設計

Tonor

  • 全モデルの中で、最も明るく力強い音色のモデル
  • 長く高いステップ・バッフル。エッジのある音色
  • ボアまで広がったラージ・チェンバーで、より太く力強い鳴りを実現

ラバーのハイバッフルは音程が難しい。と思っていませんか?是非吹いてみて下さい

Gallery


Focus Core(フォーカスコア)

Alto

  • 明るく、かつ透明感のあるコンテンポラリーな音色
  • 長く高めのロールオーバー・バッフルと、ほぼストレートのサイドウォール
  • チェンバーの容積が極度に小さく、スロートが狭く絞られているので、凝縮された焦点の合った音色になります

これを待っていた!クラウドレイキーファン待望のマウスピース!

Gallery


素材へのこだわり

エボナイト
全てのマウスピースは上質なエボナイトの丸棒から一本一本削りだされ、手作業で丁寧に仕上げられた後サウンドチェックを経て出荷されています。
→エボナイトへのこだわり

奥津マウスピースの設計の特徴

設計
奥津マウスピース制作のマウスピースは様々なマウスピースから採取した精巧なデータに基づき、最適なバッフルを作り出す事に成功しています。また、テーブルには凹面テーブルを採用。それにより、安定した吹奏感と充実した音色が得られます。
→凹面テーブルとは??
CNC(コンピュータ制御)の旋盤による切削内部形状やテーブル、フェイシングの仕上げまで、全ての工程を一人の職人が行っています。そのため音色やイントネーションのばらつきを、また一本一本の個体差を極限まで減らすことに成功しています。丁寧にハンドフィニッシュされたマウスピースはリードや楽器本体の性能を引き出します。