メッキ

サックスはじめ、金属製の楽器の表面処理の方法のひとつ。

金属の表面に別の金属の薄膜を被膜した表面処理のこと。楽器の表面処理の方法としては、ラッカー、ノーラッカー、プレートなどがある。プレートは金属同士の結合であるので、ラッカーに比べて長持ちする。”メッキがはがれる”という言葉がある様にメッキは剥がれるものと認識されやすいが、楽器に使用されるメッキはよほどの粗悪メッキでない限り剥がれない、但し摩耗して”薄くなる”という様な事は起こる。メッキの色は配合する金属によって変わり、その金属の性格も楽器に多少影響する。

関連用語

関連ページ