トーンホール

楽器に空いている音のでる穴の事。

サックスには通常24〜26個程の穴が存在する。この穴を開いたり、閉じたりする事で管の長さを変え、音程を変える。管の長さに対してトーンホールの高さや、大きさ、位置によって音程が異なるため、メーカーはトーンホールの位置や高さ等に非常に気を使い設計する。そしてこのトーンホールをいかに上手く塞げているか?という事が木管楽器のリペアにとってとても重要な要素である。トーンホールを上手く塞げていないと、求めている管の長さにならず、不完全な長さになってしまうため音程が著しく変化したり、そもそも音が出ないなど、楽器として機能しない。
トーンホール

関連用語

関連ページ